ゴルフを始めたいと言われる方の多くがどうしても最初に思いつくのがゴルフクラブですが、実は、ゴルフボールにも初心者の方には大切な要素がたくさん含まれています。

 

 

「ボールなんてどれも同じでしょ・・・。」なんて言わないで下さいね。

 

 

そこで初心者の方がどのようなボールを選べばよいのでしょうか?。

 

 

ボールの硬さ

 

 

ゴルフボールって手で触るととても硬いと思うのですが、スイングをしてゴルフクラブがボールに当たっている状態では、ボールは大きく変形して「潰れたような状態」になっているのです。

 

 

クラブをスイングした力とクラブに当たりボールが潰れた状態の反発力を利用してボールが遠くへ飛んでいくという仕組みになります。

 

 

そこで、初心者の方があまりにも硬いボールを選択してしまうとボールが思うように潰れないので、反発の作用も弱くなりボールが遠くへ飛ぶことはありません。

 

※本当は、初心者というよりはヘッドスピード(クラブを振る速さ)や筋力のある・なしで変わってきますが、初めはどうしてもボールをクラブの芯に当てる事が難しいと思うので、ボールの反発作用を上手く利用できない事が多いです。

 

 

しかし、あまりにもボールが柔らかすぎても、今度はボールが潰れすぎて反発する作用が失われてしまい、ボールが遠くへ飛ばないといった具合になります。

 

 

なので、ボールをデザインと好みだけで安易に選んでしまうと、ボールをより遠くへ飛ばすことが難しくなるかもしれませんが、デザインと好みでボールを選んでも全く問題はありません。

 

 

初心者の方は自分の体力、筋力に合わせたボール選びをする事をおすすめします。

 

 

ゴルフの腕前が上達してくれば、スピン量やディンプルの数など、もっと細かい条件でボールを選択していけば良いと思いますが、ここで重要な事といえば、初めは自分の体力に合わせた硬さのボールを選ぶことが良いと思います。

 

 

力のある方が柔らかいボールを選んだり逆に力に自信のない方が硬いボールを選んでしまうと本来もっとボールの飛距離が出るはずなのに、なぜか飛ばないと言った状態になってしまう事があるからなのです。

 

 

ボールの硬さを選ぶ基準とは?

 

 

ゴルフボール選びの時に体力や筋力で選べばよいのですが、何処かあいまいな感じがしますよね。

 

 

実際は、自分のスイングの「ヘッドスピード」(クラブをスイングする時の速さ)わかれば良いのですがショップなどへ行かなければ正確なヘッドスピードをはかることはできません。(スマホのアプリであるかもしれませんが)

 

 

ヘッドスピードを測ったことがある方でしたら、ゴルフボールのパッケージに目安の適正ヘッドスピードが記載されていますから、そちらを参考にされるとよいのですが、ヘッドスピードを測ったことがない方にはゴルフの練習場(打ちっぱなし)へ行くと大体地面や看板にヤード表示(距離の単位)が設置されていますから、ドライバーのおおよその飛距離を目測でどれくらい飛ぶか見てもらってその「飛距離÷5.5」で換算すれば目安のヘッドスピードが算出されると思いますので、こちらを参考にしてボールの硬さを選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

ゴルフボールの種類

 

 

ゴルフボールの種類には大きく分けて「ディスタンス」系ボールと「スピン」系ボールがあります。

 

 

ディスタンス系のボールは主に飛距離や直進性を重視してボールが回転しようとする力を抑えた設計となっており、スピン系のボールは直進性よりもボールの回転力の促進を重視した設計になっています。

 

 

打ち方によってゴルフボールは「前、後ろ、右、左」と常にどちらかに回転して飛んでいます。

 

 

前に回転していけばボールは良く転がり、後ろに回転すればボールは止まろうとする作用が働き、右に回転すればボールは右に飛び左に回転すればボールは左に飛ぶと言った特性があります。

 

 

そこで初心者の方にディスタンス系のボールを選択すれば、ボールがある程度のスピン量を抑えるサポートをしてくれるので、比較的まっすぐ飛ばす可能性が出てくることからよく「おすすめ」されているのですね。

 

 

※ディスタンス系のボールを使用したからといって必ずまっすぐ飛ぶ保証はありませんのでご注意ください。

 

 

なので、初めはディスタンス系のボールを選択して出来ればヘッドスピードを測りボールの硬さの基準を決めてみてください。

 

 

後は、実際にボールを打ってみたときの「フィーリング」も大切になるはずです。

 

 

慣れてくるとボールを打った時の「打感」で打ちやすいボールと打ちにくいボールの違いがわかってくると思います。

 

 

ゴルフボールは以外と多く失くします

 

 

初心者の方がゴルフ場でプレ―する場合は少し多めのボールを持って行く事をおすすめする記事がよく書いてあると思うのですが、はじめの内は本当に良くボールを失くすことが多いです。

 

 

大体は、1ダース(1箱)分もあれば安心ですが、記事によってはボールが20個位あった方が良いと言われる人もいます。

 

 

練習場ではボールをまっすぐ飛ばすことが出来ても、実際コースでプレーすると、緊張や興奮で練習通りのスイングが出来ずに思うように飛ばないことが考えられます。

 

 

これは、経験を重ねればある程度は解決できるのですが、初めてティーグラウンドに立ち、後ろで知らない人が見ている中、ティーショットを打つ時の緊張感はすさまじく半端ないことと思います。

 

 

稀に「私を見て!」といった物怖じしない方もいますが、ほとんどの方は緊張感との戦いだと思います。

 

 

しかし、その中でナイスショットを放った時の高揚感は最高なのでさらにゴルフが好きになる事でしょう。

 

 

話がそれてしまいましたが、練習場とは違い人工的ですが、自然の中でプレーするので谷に落ちて行ったり川や池に落ちたりとボールが思うように打てなくてたくさん失くしてしまうと思いますので、ボールは多めに準備する事をおすすめします。

 

 

ボールが2〜3個入り、腰やベルトに吊り下げることが出来るボールケースがショップに売っていますから、それを購入してプレー中は常にボールを2〜3個持つようにするとOBなどでボールを無くしてもいち早く対処できますのでおすすめです。

 

 

トップページに戻る

 



ゴルフ場のご予約はこちら!