初心者がウェッジとパターを選ぶ時の決め手とは?

 

 

ドライバーやアイアンの練習はこれから沢山練習をされるかと思いますが、ウェッジはともかくとして、パターの練習をまじめにする方が意外と少ないと思います。

 

 

しかし、この先ゴルフの上達を目指すのであれば必ず”この2つ”の重要性を痛感する事と思います。

 

 

そこで、ウェッジとパターをどのように選べばよいのかを説明していきたいと思います。

 

 

ウェッジの選び方は?

 

 

アイアンをアイアンセットで購入した時に、だいたいピッチングウェッジ(PW)迄はセットになっていますので、同じブランド名のできれば同じシャフトや商品(種類)のサンドウェッジ(SW)を購入するのが安心かと思います。

 

 

しかし、ウェッジにもこだわって使いたい方でしたら、「タイトリスト」や「フォーティーン」などと言われるウェッジで人気のあるメーカーの製品を選んでみてもいいかと思います。

 

 

ただ、初心者の方がウェッジを選ぶときには、最初は量販店のショップでもいいので、わからない事はきちんと聞かれる事をおすすめします。

 

 

何故かといいますと、セットなどに付属している(SW)サンドウェッジなどは、それほど細かい設定がありませんが、上記のメーカーのウェッジになりますと、シャフトはもちろんの事、ロフト角(ボールの打面の角度)やバンス角(ウェッジの底の角度)を決めて購入しなければなりませんので、初心者の方が思われている以上に細かい設定を決めて購入する事が必要になって来ると思います。

 

 

しかも、コースの場面ごとに違う種類のウェッジを使い分けできなくては持っている意味がありませんから、はじめは(SW)1本で十分だと思いますし、上達してきてからご自身に合ったウェッジを揃えていく事がおすすめかと思います。

 

 

私は、フォーティーンのウェッジを使用しています。(これは、試打で決めました)

 

 

初心者におすすめのパターは?

 

 

パターは、出来る限り正確に狙った場所にボールを転がすことが重要になりますので、ぶれにくい短めのシャフト(32〜33インチ)のものをおすすめします。

 

 

しかし、身長が高い方は、あまりにもシャフトが短いと腰が曲がって辛くなりますので、34〜35インチをおすすめします。

 

 

初心者向けといった点でとりわけこのブランドやメーカーがおすすめというものがありませんから、あなた自身の感覚に合ったものやスイングしに抵抗がないものを選ぶ事がおすすめです。(フィーリングですよ・・・!)

 

 

パターは打ち方として「まっすぐ引いてまっすぐ打つ」商品と、「ドアスイング(ドアを開ける時の動き)で打ち出す」タイプの2種類が見られます。

 

 

購入したパターでたくさん練習をして購入したパターに慣れることで、まっすぐ打てるパッティングを目指しましょう。

 

 

そして、パターは大きく「ピンタイプ」「マレットタイプ」「L字タイプ」の3タイプがありますので、ヘッドの型も様々ありますが、自分の好みで選んで貰えれば問題ありません。

 

 

「L字タイプ」は初心者の方にとっては難しいと思いますので、ピンやマレットタイプがおすすめです。

 

 

マレットタイプは、重量もあり安定したスイングが可能ですし、ピンタイプは、軽くて比較的自由が効きますから、ストレスなくパッティングできる事でしょう。

 

 

パターを選ぶときのポイントは、ピンタイプかマレットタイプで気に入ったデザインのものを選ぶのがおすすめです。

 

 

人気のあるメーカーですと「オデッセイ」「スコッティキャメロン」「ピン」など他にもたくさんありますので、実際にショップへ足を運び手に取って確かめるとよと思います。

 

 

私のパターは、テーラーメイドのスパイダーです。これは、実際にショップへ行って試打をして決めました。

 

 

重量はありますが、とても安定してスイングする事ができます。ちなみに34インチでビックグリップ(通常よりも太いグリップ)を使用しています。

 

 

トップページに戻る

 

 

ゴルフ場のご予約はこちら!